ヴォクシーの試乗動画(竹岡圭)

ヴォクシー試乗動画(竹岡圭)

 

ヴォクシー(トヨタ)に竹岡圭さんが試乗している動画を紹介しています。

 

 

竹岡圭です。

 

ヴォクシーに試乗しようと思います。

 

箱型のMクラスサイズのミニバンの中で、初めて登場しましたストロングハイブリッドモデル、トヨタヴォクシーに試乗します。

 

 

ヴォクシーのこのフロントマスクはどうですか?

 

ヴォクシーとしては3世代目のクルマになりますが、箱型ミニバンってL型ミニバンを代表するようにだんだん厳つくなってきていますよね。

 

今回のヴォクシーも毒気を強めたとデザイナーさんは言っています。

 

具体的には、レーシングカーに使われるようなデザインを採用しています。

 

ポジションランプにLEDを採用して、妖しい毒気、厳つさをキーワードにしてデザインされています。

 

 

ヴォクシーを横から見て一番進化したところと言えば、何と言っても全長です。長いですよね。

 

ライバルよりも少し短かったのですが、ライバルと同じくらいの全長を手に入れました。

 

さらに凄いのがこちらです。

 

どうですか?結構大きく開きますよね??

 

スライドドアの開口部は、このクラスで一番大きいです。

 

ステップの低さもクラスで一番低いです。

 

大きなグリップが付いているので、ワンステップで楽に乗り込めます。

 

 

ミニバンと言えば3列目のシートアレンジの方法もポイントになります。

 

ヴォクシーの3列目シートのシートアレンジはとても簡単なんです。

 

レバーを引くだけです。

 

荷室幅も広く採れるようになっています。

 

ヴォクシーのようなミニバンに3列目まで使ってフル乗車してしまうと、意外に荷物が積めないんだよね、という声をよく聞きます。

 

ですが、このヴォクシーはこの下にたくさんスペースがあります。

 

見てください。こんなにフロアの下に収納スペースがありますよ。

 

 

ヴォクシーには兄弟車ノアがあります。

 

 

ヴォクシーハイブリッドで市街地を試乗しています。

 

スタートしてからずーっと電気(EV)だけで走っています。

 

まだまだ走りますね。

 

電池は満タンじゃなかったんですよ。半分くらいだったんですけど、電池だけで、まだ一回もエンジンはかかっていません。

 

ミニバンってやっぱり車重が重いし、風の抵抗も受けるので、EVだけで走れる距離は短くなりがちなんですよね。

 

ですが、速度がかなり上がったのでEVモードが解除されましたが、市街地走行の領域で走っていたらまだまだEV走行できそうな感じでした。

 

ストロングハイブリッド、EVボタンがあって、自分でEVを選択できますよ、というハイブリッド車なんですが、それだけの性能は確保されているようです。

 

 

ヴォクシーのミニバンの走りはどうかと言いますと、重心の低さを感じます。

 

ハイブリッドなので、電池を下の方に積んである分、重心高が低くなっているということもあると思いますが、下回りがしっかりしていて箱型ミニバンにありがちなユサユサ感があまりありません。

 

ヴォクシーはなかなか隙がないクルマでしたね。

 

初代、2代目の使い勝手の良さと走り味の良さ、これを上手くバランスして君臨してきたヴォクシーですけれども、3世代目になってより性能がレベルアップした気がします。

 

ヴォクシーを実際に試乗してみて、本当に使いやすい一台だと思いました。

ヴォクシー値引きの関連ページ

2列目シートと3列目シートを動画で見てみよう♪
ヴォクシーの2列目シートと3列目シートを竹岡圭さんが紹介してくれる動画です。2列目シートと3列目シートのインテリアとユーティリティーも気になりますよね?